2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

それでもボクはやってない あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

それでもボクはやってない あらすじ ネタバレ




それでもボクはやってないのあらすじ(ネタバレ)です。

フリーターの金子徹平(加瀬亮)は、就職面接に向かう途中、満員電車内で女子高生(柳生みゆ)のお尻を触ったと疑われ、痴漢容疑で捕まってしまった。
自分は無実であり、痴漢はしていないと終始主張するが、警察(大森南朋)は痴漢だと決めつけて強引に自白させようとし、当番弁護士(田中哲司)も無罪を主張して起訴(裁判)するよりも認めた方が簡単に釈放できるからと嘘の自白をするようほのめかした。

しかし、本当に痴漢をしていない鉄平はかたくなに自白を否定。
母(もたいまさこ)、友人の斉藤達雄(山本耕史)、母が探してくれた正義感の強い弁護士の荒川正義(役所広司)と須藤莉子(瀬戸朝香)の協力で、起訴することとなった。

被害者代理の検察官の理不尽な質問に耐え、真摯に真実を応える鉄平。
99.9%は有罪となると言われる痴漢裁判において、最初は雲行きが怪しかったが、証拠を集めてだんだんと裁判官の大森光明(正名僕蔵)も理解を示し始めてくれてきた。

しかし、突然裁判官が室山省吾(小日向文世)に交代。
公平に判断しようと理解を示してくれた大森とは違い、室山は初めから有罪だと決めつけるように、鉄平に不利になるよう裁判を進めていく。
裁判官にとって、無罪と判定することは非常に勇気がいることであり、真実を明らかにすることよりも数をこなすことが有益だという裁判官の歪んだ組織制度が浮き彫りになっていく。

鉄平と同じく痴漢の冤罪に合った過去を持ち、親身に協力してくれた佐田満(光石研)に協力を仰いで状況の再現動画で被害者の供述の矛盾点をついたり、鉄平の無実を偶然目撃していた市村美津子(唯野未歩子)に法廷で証言してもらったりと手を尽くしたが、有罪だと決めてかかっている裁判官の目を覚ます効果はなかった。

そしてついに判決が下り、鉄平は有罪。しかも、反省の色なし、再犯の疑いありとして痴漢としては重い判定を受けてしまった。
納得のいかない鉄平は控訴を申し出た。。。

というところで映画は終わり。
区切りが良いとは言えませんが、日本の刑事裁判、人質司法に対する痛烈な批判メッセージは描き切っていたと思います。
非常に引き込まれましたし、見ごたえがありました。
痴漢の冤罪、世の男性諸氏は他人ごとではないですね。本当怖いです。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ