2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

42 ~世界を変えた男~ あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

42 ~世界を変えた男~ あらすじ ネタバレ




42 ~世界を変えた男~のあらすじ(ネタバレ)です。

1947年、ブルックリン・ドジャース(ロサンゼルス・ドジャースの前身)のゼネラルマネージャー・ブランチ・リッキー(ハリソン・フォード)は、メジャーリーグに黒人選手を参加させることを提案した。
大方の予想通り周囲の大反対を買い、「社会から排斥されますよ」とまで脅されたが、自分の信念を曲げず、黒人選手を雇うこととなった。

当時はメジャーリーグとは別に黒人専門の二グロリーグという団体があり、膨大な数の有力選手の中から、アフリカ系アメリカ人のジャッキー・ロビンソン(チャドウィック・ボーズマン)を見出し、ドジャーズの下位球団に移籍させた。
ジャッキーは突然振ってきた幸運な話に浮き足だったが、予想以上に周囲からの反発は大きかった。

チームメイトからの「黒人とプレーするくらいならチームを辞める」という嘆願状、頭狙いの暴投、ジャッキーの足をスパイクで踏みつけ、白人有利な審判、自身や愛する家族に向けられた脅迫状、相手チームの監督な悪質で下品な野次、飛行機の座席を勝手に変更されたり、ホテルの宿泊拒否など、数え上げたらきりがないほどの差別行為を受けた。
しかし、ジャッキーは差別には屈服せずに、素晴らしいプレーと紳士的な態度でお返しした。

最初は黒人のプレーを嫌悪していたチームメイトや周囲の人も、ジャッキーのひたむきな姿と卓越した野球技術に、態度を改め始めた。
そして、ついにはチームを優勝に導いた。

ジャッキー・ロビンソンはその後も活躍しつづけ、野球界に偉大な成績を残す。
今では彼の背負っていた背番号42は、メジャーリーグ、マイナーリーグ、その他アマチュア野球に至るまで、全チームで永久欠番となっている。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ