2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ 感想 レビュー 60点


Sponsored Link

ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ 映画




(60%)

邦題 ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ
原題 WYRMWOOD(ウィムウッド・ロード・オブ・ザ・デッド)
監督 キア・ローチ=ターナー
脚本 キア・ローチ=ターナー, トリスタン・ローチ=ターナー
出演者 ジェイ・ギャラガー, ビアンカ・ブレイディー, レオン・バーチル
制作 トリスタン・ローチ=ターナー
制作総指揮 ジェイミー・ヒルトン
撮影 ティム・ネーグル
美術 トリスタン・ローチ=ターナー
編集 キア・ローチ=ターナー
公開 2016年2月2日
上映時間 98分


ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ 感想 レビュー


ゾンビマックス!/怒りのデス・ゾンビの感想です。
これまた邦題に騙されてみてしまった映画で、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』とは全く異なる映画でした。
マッドマックスの世界にゾンビを持ち込んだのかな?と想像していると悪い意味で期待を裏切られると思います。
内容はゾンビ映画としては可もなく不可もなく。つまらなくは無いけど、面白くもありませんでした。

血液型が関係していたり、ゾンビを操る術があったり、ゾンビがガソリンになったりと、少しオリジナルな部分もありますが、基本的には普通のゾンビ映画でした。ゾンビはやや弱めかな?
突如ゾンビだらけになってしまった世界で、生き残った数名が力を合わせ、車でゾンビから逃げるロードムービー系の映画です。
血も大量に出るので、グロさも悪くない。やっぱり全体的に見て可もなく不可もなくでした。

ん~、特筆して書く感想もないですね。。。
ゾンビ系ロードムービーなら、『ゾンビランド』や『ステイクランド 戦いの旅路』の方が面白いと思います。

まとめますと、ゾンビマックス!/怒りのデス・ゾンビは可もなく不可もなくな普通のゾンビ映画でした。
ゾンビ好きな方なら見ても良いかもしれませんが、期待はしない方が良いと思います。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ