2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ザ・フィースト 感想 レビュー 60点


Sponsored Link

ザ・フィースト 映画




(60%)

邦題 The FEAST/ザ・フィースト
原題 Feast
監督 ジョン・ギャラガー
脚本 パトリック・メルトン, マーカス・ダンスタン
製作 マイケル・リーイ, ジョエル・ソワソン
製作総指揮 ベン・アフレック, マット・デイモン, クリス・ムーア, ウェス・クレイヴン
出演者 バルサザール・ゲティ
音楽 スティーヴン・エドワーズ
撮影 トーマス・L・キャラウェイ
公開 2006年9月22日(アメリカ), 2008年3月22日(日本)
上映時間 86分

ザ・フィースト 感想 レビュー


B級モンスター映画ザ・フィーストの感想です。
B級の見本見たいなB級映画でした。1990年代のグロテスクなB級映画が好きな方には楽しめる映画だと思います。
べたべたなB級展開ながら、

随所で期待を裏切る演出を多く入れていたのも良かったです。
あくの強いキャラが多く、登場人物が多いのに一人一人のキャラがしっかり描かれていたのも映画の面白みの一つにつながっていたと思います。
ストーリーはあって無いようなものですが、伏線を作っては壊し、作っては壊しで、先が読めないのも良かったです。

舞台はほとんど田舎のバーの中だけなのですが、閉じ込められた閉鎖空間の中で、外には正体不明の化け物。べたな設定ながら、しっかり怖さがでていて面白かったです。
突然壁や床を壊して襲ってくる恐怖もありましたし。この手のB級映画にはかかせないエログロもそこそこありました。

本作は、マット・デイモン氏とベン・アフレック氏のコンテストでグランプリになった脚本の映画化らしいです。
だから製作総指揮にマット・デイモン氏の名前があったのか~。納得。

まとめますと、ザ・フィーストは面白かったです。
1990年代のエログロB級映画好きの方は楽しめると思います。
べたな展開と期待を裏切る展開が、絶妙に組み合わさっていたのが良かったです。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ