2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ハンニバル・ライジング 無料 動画 評価


Sponsored Link

ハンニバル・ライジング 無料




映画ハンニバル・ライジングの動画を無料で視聴する方法をまとめましたので、参考にしていただければ幸いです。



ハンニバル・ライジング 動画


予告編


羊たちの沈黙からはじまるハンニバル・レクターシリーズの4作目です。
ハンニバル・ライジングでは、天才で残虐なカリスマ・レクター博士の少年~青年時代が描かれています。
戦争の悲劇により、何故レクター博士のような猟奇的殺人者が生まれたのか?の理由が描かれています。


ハンニバル・ライジング 評価


ハンニバル・ライジングの評価は、賛否両論あるようです。。。が、ファンには結構酷評されているようです。

視聴者の評価を見てみますと、
好意的な評価としては、
・新たな切り口のハンニバルシリーズで私はオススメです☆
・主人公は異常になっていくのに、作品の雰囲気は上品です。
・改めて、全シリーズ見直したくなりますね

批判的な評価としては、
・レクターの原点だが、もう一度観たいとは思わなかった。
・秀作を駄作たらしめる
・あくまで外伝として観たほうが良い
・原作本で読むことをおすすめします。
・少しお粗末じゃありませんか、制作者のみなさん
・ホプキンスとフォスターで全てだった。
・ハンニバルとは認めたくない

などがありました。

参考:アマゾののレビューページ
ハンニバル・ライジング 評価


やっぱり、批判の声が大きいように思いました。
羊たちの沈黙が傑作過ぎたため、「レクター博士の青年期を描いた映画」、「レクター博士が狂った食人鬼になった理由が明かされる」と言われると、嫌でも期待が上がってしまいますね。

なのに、本作は無難なサイコ映画になっちゃってるんですよね。これならレクター博士である必要はないし、むしろレクター博士の青年期を描いたにしては印象が弱すぎるというか。
ただの人食いの猟奇殺人者の映画ならこれでも良いかもしれませんが、残虐で天才なカリスマ・レクター博士を描くには、やはり薄すぎますね。

特に、原作ファンからは酷評が多いように思えました。
というのも分厚い原作を120分の映画にしなければならなかったため、多くのエピソードを削るのは仕方のないことなのですが、大事なところまで削ってしまっているようです。
私も原作は読んでいないのですが、ムラサキ夫人から源氏物語や伊達政宗の日本的精神を学んだこと、レクターが神童だったこと、記憶術の指導を受けていたことなどがレクターの人格形成に大きく影響し、ただの食人鬼ではなく、悪のカリスマレクター博士に至らしめた事などのエピソードが削られているようです。

確かに、そこら辺があれば、もっと面白い映画になっていたかも?と思いますし、ファンの溜飲も下がったかもしれませんね。
サイコ・スリラーにするために残酷な殺し方や残虐なシーン、涙を誘うためのハンニバルの妹への深い愛情を表現したくてそこに時間をつかったのは分からなくはないのですが、結果的には失敗だったようです。

結果論ですが、どうせサイコ・スリラーと呼ぶには印象が薄い映画になってしまったので、残酷シーンを少し削ってでも、レクター博士をレクター博士足らしめたシーンを足した方が良かったんじゃないかと思います。

まとめますと、ハンニバル・ライジングは残念な映画でした。
決してつまらない映画ではないし、酷評されるほど悪い映画ではないのですが、ハンニバルという名前を冠する映画としては、正直厳しいですね。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ