2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ハンニバル 感想 レビュー 75点


Sponsored Link

ハンニバル 映画




(75%)

邦題 ハンニバル
原題 Hannibal
監督 リドリー・スコット
脚本 デヴィッド・マメット, スティーヴン・ザイリアン
製作 ディノ・デ・ラウレンティス, マーサ・デ・ラウレンティス
製作総指揮 ブランコ・ラスティグ
出演者 アンソニー・ホプキンス, ジュリアン・ムーア, ゲイリー・オールドマン, レイ・リオッタ, ジャンカルロ・ジャンニーニ , フランチェスカ・ネリ

音楽 ハンス・ジマー
撮影 ジョン・マシソン
編集 ピエトロ・スカリア
公開 2001年2月9日(アメリカ), 2001年4月7日(日本)
上映時間 131分


ハンニバル 感想 レビュー


羊たちの沈黙の続編・ハンニバルの感想です。
前作以上のサイコスリラーに仕上がっていて、気持ち悪さはぴか一でした。
好き嫌いは賛否両論別れると思いますが、最後のシーンの衝撃は凄いです。小学生が見たら、数日の間は夜一人でトイレに行けなくなると思います。


私は、個人的に羊たちの沈黙の方が良かったですかね。
ハンニバルも完成度は高いのですが、前半・後半とはっきり分かれていてつながりが少し弱いのと、説明なく話が進んでいくので、何度か見ないと分からないシーンが多そうです。

しかし、俳優・女優さんのメンツが凄いですね。
アンソニー・ホプキンス氏、ジュリアン・ムーア氏、ゲイリー・オールドマン氏の、アカデミー俳優・女優達の競演なんて、鳥肌ものでした。
それぞれ、身にまとっている空気が普通じゃない。贅沢すぎますね。

また、レイ・リオッタ氏の最後のシーンの演技は圧巻でした。
ハンニバルがトラウマ映画に選ばれる理由もよく分かりました。
心臓の弱い人は見ない方が良いと思います。

ただ、クラリス役がジョディ・フォスター氏からジュリアン・ムーア氏に変わったのは少しショックでした。
ジョディ・フォスター氏は同じ役は引き受けないというポリシーがあるようで、役を断ったようです。
可愛い感じのジョディ・フォスター氏から大人の色気のジュリアン・ムーア氏だと、キャラが全然違う。。。
結果的にジュリアン・ムーア氏の演技力も素晴らしかったのであんまり違和感なかったのですが。

あと、少しネタバレになりますが、本作でイタリア観光に来ていた日本人が、首つり殺人を見て、何かのショーと勘違いして笑ってるシーンに、ちょっと複雑な気持ちになりました。
今でこそ比較的礼儀正しい人が多いと言われる日本人ですが、バブル期やその少しあとは、日本人観光客もかなり粗暴な存在として見られていたのですね。
今の中国人がマナーが悪いと言われますが、少し前の日本人もそんなに変わらない。。。
人のふり見てわがふり直せと言いますか、旅行先でのマナーは大事にしなきゃなと思うのと、自分のことを棚に上げて中国人のことを非難できないよな~、と感じました。

まとめますと、ハンニバルは面白かったです。サイコスリラーの傑作と言われる理由も分かります(羊たちの沈黙よりも世間的な評価は低いようですが)
ただ、猟奇的なシーンが多く(公開時はR15指定)、心臓の弱い人は見ない方が良いと思います。
逆に気持ち悪い映画が大丈夫、もしくは大好きで、ハンニバルシリーズをまだ見ていないという方は、ちょっともったいないかもしれません。
いまだに何かと話題に上がる映画ですので、機会がありましたら是非見てみてください。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ