2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ジョン・ウィック 感想 レビュー 70点


Sponsored Link

ジョン・ウィック 映画




(70%)

邦題 ジョン・ウィック
原題 John Wick
監督 チャド・スタエルスキー, デヴィッド・リーチ
脚本 デレク・コルスタット
製作 ベイジル・イヴァニク, デヴィッド・リーチ, エヴァ・ロンゴリア, マイケル・ウィザリル
製作総指揮 キアヌ・リーブス
出演者 キアヌ・リーブス, ミカエル・ニクヴィスト, アルフィー・アレン, エイドリアンヌ・パリッキ, ブリジット・モイナハン, ディーン・ウィンタース, イアン・マクシェーン, ジョン・レグイザモ, ウィレム・デフォー
音楽 タイラー・ベイツ, ジョエル・J・リチャード
撮影 ジョナサン・セラ
編集 エリザベート・ロナルズ
公開 2014年10月24日(アメリカ), 2015年10月16日(日本)
上映時間 101分


ジョン・ウィック 感想 レビュー


ジョン・ウィックの感想です。
超一流の殺し屋が一人でロシアンマフィアを壊滅させる映画。良くも悪くも、これに尽きます。

キアヌ・リーブス氏扮する、引退した凄腕の殺し屋ジョン・ウィックが、復讐に取りつかれて一人でロシアンマフィアをスマートに皆殺し。
あんまり難しいことを考えずに、スカッとどんぱちが楽しめる映画でした。

ただのドンパチではなく、超人的な能力を備えた殺し屋が一人でスマートに戦うところがこの映画の魅力だと思います。
一流の殺し屋がギャングを壊滅させるという設定は、ニコラス・ケイジのバンコック・デンジャラスにもちょっとだけ似てたかな?

全体的に、ストーリーやドラマ性は抑え目にして、始まって少ししてから最後まで、ずっとクライマックスを流している感じでした。
起承転結が薄いので好き嫌いはあるかもしれませんが、キアヌ・リーブス氏は変わらず格好いいし、一貫していたので良かったと思います。

興行収入も良かったらしく、続編の製作が決定したようです。

しかし、キアヌ・リーブス氏は本当に変わらないですね。
スピードやマトリックスの頃から20年近くも経ってるのに、全然変わらない。
この童顔イケメンで51歳って、信じられません。

まとめますと、ジョン・ウィックは、可もなく不可もなくで普通に面白かったです。
頭を空っぽにして楽しめるアクションに近い映画でした。
キアヌ・リーブス氏の魅力が詰まっていて、ファンにはたまらないと思います。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ