2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

バケモノの子 あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

バケモノの子 あらすじ ネタバレ




バケモノの子のあらすじ(ネタバレ)です。

突然母親(麻生久美子)が交通事故で他界し、すでに離婚した父親(長塚圭史)とは連絡がつかず、わずか9歳で天涯孤独のみとなった九太(宮崎あおい)。
親戚から逃げ出して街を放浪し、疲れてうずくまっていると、突然フードを被った化物の熊徹(役所広司)と多々良(たたら)(大泉洋)に声をかけられた。

九太は熊徹の後を追い、狭い路地裏を無我夢中で駆け回っていたら、突然見たことも無い世界 = バケモノの世界の渋天街についてしまった。
九太を気に入った熊徹は、九太を自分の弟子として育てることに決めた。

実はバケモノの世界では、トップの宗師(そうし)(津川雅彦)が神様に転生することが決まり、次の宗師として猪王山(いおうぜん)(山路和弘)と熊徹が候補に上がっていたのだ。
品格があり、技も精錬されていて、弟子も多い猪王山に対し、熊徹は粗暴で、力は強いが技も荒く、弟子もいないため、宗師に弟子を取るよう言われていたのだった。

突然弟子になれと言われ、猛反発していた九太だったが、ひとりぼっちの熊徹に、自分と通じるものを見て、弟子になることを決意。
また、最初は熊徹の教え方の下手さに愛想をつかし、熊徹を責めてばかりいたが、熊徹の友人で修行僧の百秋坊(ひゃくしゅうぼう)(リリー・フランキー)に諭され、強くなるためにだんだんと熊徹から学び取るようになった。

素直に修行して、どんどんと熊徹の動きを吸収し、メキメキと強くなる九太。
一方で、熊徹も九太とともに修行することで、自分の技を洗練させていた。



月日が過ぎて九太(染谷将太)は17歳になり、技も力も強くなっていた。
また、ひ弱な九太をここまで強くしたとして、熊徹の人気も上昇し、今では熊徹の弟子志願者の数もかなりのものになっていた。

そんなある日、九太は偶然人間界に戻り、大学受験を控えた女子校生の楓(広瀬すず)と知り合った。
楓に本の読み方を教えてもらってるうちに勉強に面白さを見出した九太は、大学受験を決意。
しかし、保護者が必要と知り、幼いころに別れた父親を訪ねることとなった。

父親はすぐに九太(本名は蓮)を受け入れてくれたが、熊徹への後ろめたさから、なかなか心を開けない九太。
しばらくは、バケモノの世界で修行しつつ、人間界で楓に勉強を教わる生活が続いたが、熊徹に参考書が見つかり、喧嘩になってしまった。

喧嘩から少し時間が達、久しぶりにバケモノの世界に戻ってみると、熊徹と猪王山の試合が決まり、祭騒ぎになっていた。
試合では、猪王山に押され、ノックアウト寸前の熊徹だったが、九太の声に励まされ、形勢逆転。見事勝利することができた。

まだ勝利の興奮も冷めない中、猪王山の息子の一郎彦(宮野真守)が念能力を使い、熊徹を刀で串刺しにした。
一郎彦は、実は九太と同じように、バケモノに育てられた人間で、自分の不安定な存在に対する不安な思いから、影を大きく育ててしまい、父親の敗北で暴走してしまったのだった。

九太は試合場から消えた一郎彦を追い、人間界へ。
しかし、予想以上に一郎彦のちからは強く、自分の身を犠牲にして一郎彦と一緒に死ぬしか無いと決意した九太。

そこに、刀に転生した熊徹が現れた。
九太は刀となった熊徹を心にしまい、力を合わせて一郎彦を倒した。



一郎彦は元の優しい性格に戻り、バケモノの世界へ。
九太は人間世界に残り、大学受験に向けて勉強することになった。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ