2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

素晴らしき哉、人生! 感想 レビュー 95点


Sponsored Link

素晴らしき哉、人生! 映画




(95%)

邦題 素晴らしき哉、人生!
原題 It’s a Wonderful Life
監督 フランク・キャプラ
脚本 フランク・キャプラ, フランセス・グッドリッチ, アルバート・ハケット
原作 フィリップ・ヴァン・ドーレン・スターン, 『The Greatest Gift』
製作 リバティ・フィルムズ, フランク・キャプラ
出演者 ジェームズ・ステュアート, ドナ・リード, ライオネル・バリモア, ヘンリー・トラヴァース
音楽 ディミトリ・ティオムキン
撮影 ジョセフ・ウォーカー, ジョセフ・バイロック
編集 ウィリアム・ホーンベック
製作会社 Liberty Films
配給 アメリカ合衆国の旗 RKO
公開 1946年12月20日(アメリカ), 1954年2月6日(日本)
上映時間 130分


素晴らしき哉、人生! 感想 レビュー


素晴らしき哉、人生!の感想です。
不朽の名作として、名前を聞いたことはあったのですが、ずっと見る機会が無くて最近初めてみました。
いや~、良い映画でした。本当素晴らしい。
本当に良い映画っていうのは時代を超えるんだなと感動しました。

1946年に公開された映画で、白黒映画。当然今のようなド派手な演出は無いですし、最新の映像加工技術も全くありません。
でも、心に響くというか、見ていてぐいぐい引き込まれましたし、非常に面白かったです。
最近はパブリックドメイン(知的財産権の期限切れ)として500円程度でDVDが買えるので、是非多くの方に見てほしい名作だと思います。

これだけ素晴らしい映画なのですが、1946年当時は興行的に惨敗。映画賞も逃しているそうです。
ただ、映画公開後も人気はどんどん高まり、アメリカではクリスマスの定番映画、最も親しまれた映画として有名だそうです。

スティーヴン・スピルバーグ監督や黒澤明監督ら、世界を代表する映画界の巨匠にも好きな映画として数えられていて、アメリカではどの映画学科でも必ず模範にする映画の一つだそうです。

ニコラス・ケイジ主演の映画「天使のくれた時間」という映画が、実は「素晴らしき哉、人生!」をモチーフにした映画なのですが、あれも名作なので是非見ていただきたいです。

主人公のジョージ・ベイリーほど人のために自分をささげて、人に良い影響を与えられる方は少ないかもしれませんが、自分も少しは人に良い影響を与えられる人生を歩みたいなと感じました。
最近は精神的に不安定になったり、不景気を嘆く人もいるかと思いますが、この映画を見て、少しでも人生って素晴らしいなと思ってもらえたら素晴らしいことですね。

まとめますと、素晴らしき哉、人生!は非常に面白い、名作映画でした。
もう70年前の映画ですし、白黒映画ですので、「名前は知っているけど見たことは無い」という方が多いかも?もったいないですね。
間違いなく普及の名作で、今見ても非常に面白い映画ですので、少しでも多くの方に見てほしいです。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ