2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

マイ・インターン あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

マイ・インターン あらすじ ネタバレ




マイ・インターンのあらすじ(ネタバレ)です。

ファッション通販サイトで会社を一気に大きくした若い女性社長ジュールズ(アン・ハサウェイ)の会社では、社会奉仕のために高齢者のインターン雇用を試みることになった。
履歴書の代わりに動画をYouTubeにアップして自己紹介をし、孫のように若い先輩から採用面接を受けるという高齢者には難しい採用基準ながらも、70歳で元大手電話帳会社の部長のベン(ロバート・デ・ニーロ)は、見事に選考を通過し、入社することになった。

入社後の仕事は社長のジュールズのアシスタント。ジュールズとの最初の面接で「任せられる仕事が無い。」と言われ、仕事ができたらメールをすると言われるも、何日待ってもメールは来ない。
しかしベンはめげず、若い社員の人生相談に乗ったり、誰も手がつけられなくなった荷物の山を整理したり、PCやWeb、フェイスブックなどに挑戦したりと、社員から愛され、慕われる存在になっていった。

また、ひょんなことからジュールズの運転手もすることになり、ジュールズの夫や娘とも親しくなっていった。
最初は気が付きすぎるベンに不信感を抱いていたジュールズも、ベンの温かい対応や人生の先輩としての頼れる対応に、次第に心をひらいていった。

そんなある日、事件が起きた。
たった9ヶ月で会社が250人規模まで大きくなった反面、急激な成長に会社が回りきらず、細部でミスが続いたため、株主たちがCEOを外部から雇用するよう圧力をかけてきたのだ。
自分が作り、自分が育て、今も順調に成長している会社の経営を、何故外部の人間に委託しなくてはいけないのか。
動揺するジュールズだったが、仕事のために家庭を犠牲にしていたこともあり、CEOを降りて外部から呼び寄せることに同意。外部のCEO候補を選ぶことになった。

というのもの、ジュールズの夫が娘のママ友と不倫していたのだ。
ジュールズの夫は、元はやりての会社員で将来を有望視されていたが、ジュールズを支えるために自ら会社をやめて家庭に入り、専業主夫として娘の世話と家事を担っていた。
が、ジュールズが忙しすぎて家庭を顧みないことから、不安になって自分を見失っていたのだ。

夫の不倫を許せない気持ちを持ちつつも、自分にも落ち度があること、まだ夫を愛していることから、元に戻りたいと強く願うジュールズ。
そんな中、ついに会社を任せても良いと思える素晴らしいCEOに出会えた。

素直にジュールズは夫に相談し、家庭のために会社の経営を外部CEOに任せようかと考えていることを伝えた。
翌朝ジュールズは、ベンから、家庭のために会社の経営を譲るべきではない。とアドバイスをもらった。
さらに、夫からも、不倫の謝罪と、自分のために会社を辞めないでくれという言葉をもらった。

ジュールズは家庭を取り戻し、外部のCEOを雇うことをやめた。


すいません。うまくかけませんでした。
こうやってあらすじだけ書くと、ハッピーエンドに聞こえませんね。
映画自体は凄くうまくハッピーエンドでまとまっていたのに。。。。
私の表現力不足です。申し訳ありません。

映画はとてもおもしろかったので、是非時間と機会がありましたら映画を見てみてください。


Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ