2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

王になった男 あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

王になった男 あらすじ ネタバレ




王になった男のあらすじ(ネタバレ)です。

暗殺に怯える暴君・光海君(イ・ビョンホン)と顔が似ていたために、影武者として王のふりをするよう命じられた道化師のハソン(イ・ビョンホン)。

当初は命を狙われていた王が、夜の間だけ影武者に変わる予定だったが、王が意識不明の重体となってしまったために、1日中、王の代わりを勤め、王の仕事もしなくてはならなくなった。しかも期限はわからない。
最初は報酬の高さに目を奪われて影武者をし、言われるがままに行動していたハソンだったが、腐敗した政治に怒りを感じ、自然と王として振る舞うようになった。

王の振る舞いや言動が急にかわり、戸惑う側近達だったが、私腹を肥やすことしか考えない大臣達の中で、民のことを第一に考えるハソンの姿に、だんだんと人望もついていった。
しかし、意識不明から15日後、本物の王が目覚め、用済みとなったハソン。王が完全復活すれば、証拠隠滅のために殺されるため、逃げるよう伝えられるが、自分の意思を曲げないためにギリギリまで王宮にとどまろうとした。

さらに、密かに王の暗殺を企んでいた大臣達にまで、王が偽物であることがバレ、偽物の王を殺すために兵士を集め、王宮に押しかけた。
が、すでに本物の王に入れ替わっていて、大臣たちは謀反の罪を背負うこととなる。

また、もともとは名君だった王・光海君は、ハソンの行動に怒りを感じつつも、何か自分を省みる部分があった様子。
一方、ハソンはどうにか逃げ延び、遠くはなれた場所で別の人生を生きようとしていた。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ