2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々2 魔の海 感想 レビュー 70点


Sponsored Link

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々2 魔の海 映画




(70%)

邦題 パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々/魔の海
原題 Percy Jackson: Sea of Monsters
監督 トール・フロイデンタール
脚本 マーク・グッゲンハイム
原作 リック・リオーダン, 『魔海の冒険』
製作 マイケル・バーナサン, カレン・ローゼンフェルト, クリス・コロンバス
製作総指揮 マーク・モーガン
出演者 ローガン・ラーマン, ブランドン・T・ジャクソン, アレクサンドラ・ダダリオ, ジェイク・アベル, ダグラス・スミス, スタンリー・トゥッチ
音楽 アンドリュー・ロッキングトン
撮影 シェリー・ジョンソン
編集 マーク・ゴールドブラット
製作会社 1492ピクチャーズ, サンズウェプト・エンターテインメント
配給 20世紀フォックス
公開 2013年8月7日(アメリカ), 2013年11月1日(日本)
上映時間 107分


パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々2 魔の海 感想 レビュー


パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々2 魔の海の感想です。
前作よりも評価が悪かったようですが、私は割と楽しめました。
ただ、結末が弱いのと、後半に向けての盛り上がりが薄いのは、前作と同じだと感じました。
そこが良ければもっと評価されるかもしれないのに、惜しいです。

前作に引き続き、ファンタジー部分の映像や表現方法は楽しかったです。
ポセイドンの力で海を操ったり、シーホースを呼び出して海を渡るところも良かった。
木の精のバリアとか、サイクロプスとか、黄金の羊とか、予言とか、要素要素は面白いんですよね。
映像も綺麗で良かったですし。

本当、もう一ひねりすればぐっと面白くなりそうなんですが。
もしかしたら、原作を読めばもっと面白いのかな?
原作に忠実に映画を作ると、どうしても原作のシーンを追う形になるので、エピソードを盛り込むほうに力をいれてしまって、ストーリーが単調になってしまうんですよね。
ハリーポッターやロードオブザリングも、そういう節があったと思います。

あと、ライバルのクラリサ、敵のルークの魅力をもっと出した方が良いんじゃないかな?
大事な役どころのはずなのに、キャラクターが弱くていまいち感情移入できなかったのが残念でした。
すべて私の主観で言いたい放題言ってしまって恐縮ですが。

まとめますと、パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々2 魔の海は、面白かったですが、もうちょっとひねればもっと面白くなるのにな~という惜しい映画でした。
前作が好きな方、ギリシャ神話のファンタジー系が好きな方は、気に入る映画だと思います。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ