2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ミッション インポッシブル5 ローグ・ネイション あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

ミッション インポッシブル5 ローグ・ネイション あらすじ ネタバレ




ミッション インポッシブル5 ローグ・ネイションのあらすじ(ネタバレ)です。

謎の犯罪組織「シンジケート」を追っていたIMFベテランエージェントのイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、ある日シンジゲートの罠にはまって捕まってしまった。
シンジゲートの工作員イルサ・ファウスト(レベッカ・ファーガソン)の協力でなんとか逃げ出し、シンジゲートの捜査を続けるが、CIA長官によってIMFが解体され、CIAに吸収されたことで組織の協力が得られなくなってしまった。
イーサン・ハントはCIAの警告を無視して独力でシンジゲートを追うことを決意し、国際指名手配されてしまった。

半年後、イーサンはシンジゲートのボスのソロモン・レーン(ショーン・ハリス)がオーストリアのウィーンにいることを突き止め、元IMFのベンジー・ダン(サイモン・ペグ)に強力を依頼。
ベンジーとともにレーンを探している途中、レーンの目的がオーストリア首相の暗殺だと気付いて阻止しようとしたが、阻止することはできなかった。
レーンを見つける事すらできなかったが、イルサと再開。レーンがイギリスの元諜報員だと分かった。

また、イルサの協力で、シンジゲートとは、死んだと思われている各国の諜報員を集めた組織で、イルサはシンジゲートを調べるために潜入しているイギリス諜報員だと分かった。
レーンの極秘情報が入力されたファイルは、モロッコの発電所の地下の極秘施設で管理されていることも分かった。

警備が厳重で潜入は不可能とのことだったが、イーサンは、ベンジー、イルサと協力して潜入し、極秘ファイルをコピーすることに成功。
しかし、イルサに裏切られて極秘ファイルが入ったUSBディスクを奪われてしまった。

ベンジーが念のためとっていたファイルのコピーを読もうとしたが、イギリスの首相のみ閲覧が許されたレッドボックスのため、解読できなかった。
元IMFのウィリアム・ブラント(ジェレミー・レナー)、ルーサー・スティッケル(ヴィング・レイムス)に協力を依頼し、イルサを捜索。イルサと再開することができた。

しかし、一瞬のすきを突かれてベンジーがシンジゲートに拉致されてしまった。
ベンジーを返す条件は、極秘ファイルを解読してレーンに伝えること。イーサンは、ファイルを解読するためにイギリス首相を拉致することを決意した。

見事イギリス首相を拉致して極秘ファイルを解読。ファイルの中身は極秘口座だった。
ファイルがレーンの手に渡ってしまうと多額の資金を与えることになってしまう。

イーサンはレーンの罠にはまったふりをして極秘ファイルを私に行くが、そこには爆弾を巻かれたベンジーとイルサがいた。
レーンはファイルを受け取ったらイーサンを殺そうと考えていたが、イーサンはファイルがすでに処分済みであり、自分の頭の中にしか残されていないと伝えた。

レーンはイーサンを殺すことができなくなり、イーサンはまずベンジーを解放させた。
さらにイルサとともに逃げるふりをし、レーンを罠にはめて捕まえることに成功。シンジゲートという組織をつぶすことに成功した。
また、IMFは成果を認められ、組織の復活が決まった。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ