2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

サバイバル・オブ・ザ・デッド 感想 レビュー 75点


Sponsored Link

サバイバル・オブ・ザ・デッド 映画




(75%)

邦題 サバイバル・オブ・ザ・デッド
原題 Survival of the Dead
監督 ジョージ・A・ロメロ
脚本 ジョージ・A・ロメロ
製作 ポーラ・デヴォンシャイア
製作総指揮 D・J・カーソン, マイケル・ドハティ, ダン・ファイアマン, ピーター・グルンウォルド, アラ・カッツ, アート・スピゲル, ジョージ・A・ロメロ, パトリス・セロー
出演者 アラン・ヴァン・スプラング, ケネス・ウェルシュ, デヴォン・ボスティック, リチャード・フィッツパトリック
音楽 ロバート・カールリ
撮影 アダム・スウィカ
編集 マイケル・ドハーティ
公開 2010年5月28日(アメリカ), 2010年6月12日(日本)
上映時間 90分


サバイバル・オブ・ザ・デッド 感想 レビュー


サバイバル・オブ・ザ・デッドの感想です。
期待してなかったのですが、面白かったです!さすがロメロ監督!
本作はダイアリー・オブ・ザ・デッドのサイドストーリーで、前作で強盗してた米軍たちが主人公になっています。
当たりはずれの多いゾンビ映画の中では、当たりの部類だと思います。

短い映画ながらも、キャラの個性がしっかり表現されていて面白かったです。
キャラの個性が薄いと、脚本がどんだけ良くても感情移入できないんですよね。
本作では、ちょっとした動作や言動でキャラ付がしっかりされていたので、すんなりと映画に入ることができました。

あと、荒廃した世界でそれぞれの人が持つ思想みたいなものも表現されていて面白かったですね。
それも、セリフでだらだらと説明するのではなくて、行動と結果で思想が表現されている。さすが腕のある監督さんは違いますね。

あ、1点注意した方が良いのは、ロメロゾンビの最近の名作(ドーン・オブ・ザ・デッド、ランド・オブ・ザ・デッド)などとは比べない方が良いです。
予算が何倍も違うので、あれを期待してみてしまうと、かなりチープに感じてしまうと思います。
そこだけご注意ください。

また、全体的に良くまとまった良いゾンビ映画だと思いますが、あえて難を言えば、新鮮さはあまりなかったかなと思います。
まぁ、最近ではゾンビ映画は山ほどあるので、新鮮さを出すというのも難しいですけどね。
変に新しいことをしようとしても失敗することが多いですし。

ということで、サバイバル・オブ・ザ・デッドはゾンビ映画の中では当たりの部類に入ると思います。
ゾンビ映画好きの方、特にロメロ好きは一見の価値ある映画かと思います。




Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ