2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 感想 レビュー 70点


Sponsored Link

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 映画




(70%)

邦題 バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
原題 Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
脚本 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ, ニコラス・ジャコボーン, アーマンド・ボー, アレクサンダー・ディネラリス・Jr
製作 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ, アーノン・ミルチャン, ジョン・レッシャー, ジェームズ・スコッチドポール
製作総指揮 クリストファー・ウッドロウ
出演者 マイケル・キートン, ザック・ガリフィアナキス, エドワード・ノートン, エマ・ストーン, エイミー・ライアン
音楽 アントニオ・サンチェズ(英語版)
撮影 エマニュエル・ルベツキ
編集 ダグラス・クライス, スティーヴン・ミリオン
公開 2014年10月17日(アメリカ), 2015年4月10日(日本)
上映時間 119分


バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 感想 レビュー


アカデミー賞4冠の『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』の感想です。
超一流が集まって作った意欲作という感じで、ストーリーは意味不明で共感できないんだけど、何故か終始引き込まれてしまいました。

問題作、名作という声もあるけど、むしろチャレンジ精神の方を評価したくなる映画でした。
一方で、玄人向け過ぎて、誰が見ても面白いと言える映画にはならないと思います。
実際、評価の賛否両論かなりはっきりわかれてるみたいですし。

私も評価が難しくて、とりあえず標準的な70点にしました。
玄人向け目線で評価すれば高得点なんですけど、万人が見て面白いと思える映画でもないし、私自身、面白かったか?と問われると一言では答えられない映画でしたので。
こういった意欲作は、点数つけるのが難しいですね。

役者の演技力、演出、音楽、カメラワークなど、すべてが一流で、普通と全然違う、今までにない映画を作ろうという意欲がほとばしっていたと思います。
全編ワンカット(カットシーンが無い)というかなりレア(史上初?)の試みにも、そういった気持ちが合わらされていると思います。
これ、作る側は本当大変だっただろうな。

もともとはミニシアター系の映画のようで、興行収入は少ないみたいです。
だからこそやりたい放題作ったら、多くの批評家に受け入れられてアカデミー賞4冠達成という偉業を成し遂げたのかもしれません。

完全に玄人向けなので、映画にストーリーの面白さとか、爽快感を期待する人には向かないかと思います。
一方で、自称映画マニアレベルの人なら、一見の価値ありですね。好き嫌いははっきり分かれると思いますがw



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ