2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ゾンビアルカトラズ あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

ゾンビアルカトラズ あらすじ ネタバレ




ゾンビアルカトラズのあらすじ(ネタバレ)です。

一番大きなネタバレは、アルカトラズがあんまり関係ない!ってこと。
タイトルからすると、監獄島に閉じこもってゾンビの襲撃から身を守ったり、食糧問題や武器不足の問題を解決するために危険を冒して別の棟に向かったり、生き残った人間同士のいさかいが起きたり、そんな展開を想像すると思いますが、そんな展開は全くないです。
最初の方にちょろっと出るだけで、すぐに舞台は街中に変わります。

またタイトル詐欺か~という感じですね。
原題はrise of the zombiesなので、邦題着けた人の悪意を感じてしまいます。


ストーリーは。。。

舞台は未来のアメリカ・サンフランシスコ。
突如蔓延したウィルスにより、人類はゾンビ化。世界は死の街になっていた。
生物学者のリン(マリエル・ヘミングウェイ)とハルバーン博士は、数人の人類の生き残りと一緒にアルカトラズに立てこもり、ワクチンの研究を進めていた。

海に守られた監獄島のアルカトラズだったが、ある日大量のゾンビが海から上陸。どうにか撃退したが、被害も甚大だった。
リンたちはゴムボートに乗って島から脱出する計画を立てるが、ハルバーン博士はゾンビ化した娘のジュリーを残すことができず、1人島に残って研究を進めることにした。

リンたちはゴムボートで本土に上陸。ワクチンの開発に成功したという通信後、音信不通のアーノルド博士を探すリンたちと、どこか遠くに逃げ延びようとするカスピアン(ダニー・トレホ)達の2手に分かれた。
カスピアンたちは民家に侵入し、食糧と武器を探しているときにあっさり死亡。カイルは一人だけ車で逃げ延びることができた。
一方、アルカトラズに残ったハルバーン博士は順調に研究を進めていたが、ジュリーへの愛情が強すぎたため、自分の腕の肉を切り取ってジュリーに与えようと試みたが、一瞬のすきをついて襲ってきたジュリーに噛まれてしまい、手りゅう弾で自爆した。

リンたちは橋の上で妊婦を発見するが、ゾンビに襲われてすぐゾンビ化してしまった。
リンは母親の最後の願いを聞き届けようと、お腹をナイフで掻っ捌いて赤ちゃんを取り上げるが、へその緒からウイルスに感染して赤ちゃんもゾンビ化。
発狂した若い娘がゾンビ化した赤ちゃんを踏み殺す。

その後、リンたちはアーノルド博士の研究室にたどり着いたが、そこはもぬけの殻だった。
「アーノルド博士は、研究の成果を試すためにウイルスの根源となった水処理場に向かったのでは?」と推測し、水処理場に向かった。
水処理場はゾンビの巣窟だったが、奥の研究施設に立てこもっていたアーノルド博士を発見、屋上にあるヘリに飛び乗って逃げ出した。

逃げる途中で2人の男がゾンビに襲われるが、アーノルド博士のワクチンを注射したおかげでゾンビ化は無し。
ワクチンがどこまで有効なのか?は分からないが、彼女らはヘリで飛び去る。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ