2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

リプレイスメント あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

リプレイスメント あらすじ ネタバレ




リプレイスメントのあらすじ(ネタバレ)です。

プロフットボールチーム ワシントン・センチネルスでは、選手のストライキで試合ができない状態だった。
オーナーのエドワード・オニール(ジャック・ウォーデン)は、引退していたジミー・マクギンティー(ジーン・ハックマン)をコーチとして雇い、代理選手を使って試合で勝つように指示した。

ジミーは、急遽選手を集め、一癖も二癖もある選手ばかりのアメフトチームを作った。
その中でも、シェイン・ファルコ(キアヌ・リーブス)は、大学アメフトリーグでスター選手だったが、ここ一番という場面に弱く、大敗を喫してアメフトを引退した選手だった。
フットボールとは縁を切り、港でクルーザーの管理をしていたファルコだったが、ジミーにスカウトされ、代理選手として出場することを承諾した。

最初はチームとしてまとまらず、試合にも負けてしまったが、だんだんと結束を固めていき、チームは勝てるようになっていった。
予定では4試合を代理選手として出場する予定だったが、最後の試合の前にストライキが終わり、花形選手のマーテルが戻ってくることになった。
ジミーコーチは反対したが、オーナーの命令でファルコは解雇、マーテルをクオーターばーっくとして使うこととなった。

しかし、自分勝手なプレーばかりのマーテルはチームに合わず、前半は大量点を取られてしまい、負けそうな雰囲気が漂った。
後半の前にファルコが戻ってきてくれたため、ジミーコーチの権限でマーテルを出さず、代わりにファルコを出場させた。

ファルコは見事に司令塔としての役目を果たし、奇跡的な大逆転となった。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ