2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

エイリアン・イン・キューブ あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

エイリアン・イン・キューブ あらすじ ネタバレ




エイリアン・イン・キューブのあらすじ(ネタバレ)です。
名前が分からないのと、そもそもストーリーが雑なので、かなり雑なあらすじ・ネタバレになりますが、ご了承ください。

近未来、宇宙に建設された極秘研究施設で謎のバイオハザードが発生。施設は強制封鎖され、人命救助のために4人の傭兵が送り込まれた。
黒髪・色白の美少女リーナ(トニア・レネー)は、目を覚ますと緊急事態の施設の中だった。
どうにか傭兵達と合流して施設からの脱出を目指すが、周りには元人間のクリーチャーがうようよしていた。

換気口を利用して地上まで逃げようとするが、道が途中で途絶えていて脱出できず、まずは地下の武器庫に武器の補充をしに行く。
どうにか武器を補充。傭兵の一人が電気を復旧しに向かうが、電気を復旧した直後にクリーチャーに襲われ死亡。
電気が復旧したため、堅牢な研究室に避難したが、一人で閉じこもってた研究者(人間)にクリーチャーと勘違いで襲われて生存者がまた一人死亡。

地上に行ってアンテナを直せば救難信号を送れると言われ、傭兵の一人と生存者の一人(男)が地上に行く。
が、アンテナを直したところでクリーチャーに襲われ、生存者がまた一人死亡、傭兵が一人で帰ってきた。

結局通信はできないと言われて落胆するが、研究者が密かに救難信号を出していて、研究者一人を救助するために兵隊がやってくることが分かった。
何やら秘密をかくしていそうな研究者を問い詰めると、恐るべき研究の一部が見えてきた。

研究の首謀者はアメリカ政府。もともとは堕天使ルシファーの化石をナチスが発見したことが起源だったが、化石の持ち主は不幸な最後を遂げることから、アメリカによって長年封印されていた。
最近になって軍事利用するために化石の研究が始まったとのこと。
ちなみに、リーナの中にはルシファーが埋め込まれていて、悪の軍団(クリーチャー達)を作ろうとしている。

政府から兵隊たちが博士とリーナを回収するために施設内に侵入してきたのを確認し、博士はリーナを人質にして逃げようとするが、クリーチャーに捕まってあえなく死亡。
生き残っていた傭兵2人とリーナは、先ほど回収した武器でクリーチャー軍団を乱射。
ただ、核爆弾着弾までの時間が迫っているため、堅牢な研究室から逃げ出すことになった。

傭兵の一人は知らないうちに汚染されていたため、足が動かず、時間稼ぎのためにクリーチャーの中に取り残される。
傭兵の一人はリーナを助けるために兵隊と射撃戦になり死亡。
リーナは兵隊に発見されて死亡するが、リーナの中のルシファーが復活して兵隊たちを圧倒的な力で抹殺。
最後に核爆弾が発射され、痕跡はすべてなくなった。

ストーリーはめちゃくちゃですねw
まぁストーリーを楽しむ映画ではないので、クリーチャーの気持ち悪さと、傭兵VSクリーチャーの戦闘シーンをお楽しみください。




Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ