2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

エイリアン・イン・キューブ 感想 レビュー 70点


Sponsored Link

エイリアン・イン・キューブ 映画




(70%)

邦題 エイリアン・イン・キューブ
原題 THE DARK LURKING
監督 グレッグ・コナーズ
製作 スチュアート・ウォール
製作総指揮
出演者 トニア・レネー, ブレット・ケネディー, オジー・デヴリッシュ, ロスリン・バン・ドーム, ダーク・ファウラー
公開 2008年
上映時間 96分
製作国 オーストラリア


エイリアン・イン・キューブ 感想 レビュー


B級グロ映画エイリアン・イン・キューブを見ました。
前評判ほど悪くなく、結構普通に楽しめました。
この映画は邦題が悪すぎです。エイリアンでも、キューブでもないので。普通にバイオハザード系(むしろREC系?)の映画だと思えば、低予算のB級映画の割に楽しめると思います。

悪い点は、(邦題以外には)設定があいまいところと、ストーリーが無いところ。
良い点は、戦闘シーンが多くてテンポが良い。キャラも経っていて、クリーチャーの質も割と高い点。
話のテンポが良いし、雰囲気も出ていたので、ストーリーが薄いところはそんなに気にならなかったです。
いや~、本当邦題で損していますね。「エイリアンとキューブが混じった映画?ちょっと面白いかも?」という気持ちで見たら、かなり裏切られます。
普通に見たら悪くないのに、もったいない。

普通のB級グロ映画好き、もしくはゾンビ映画好きな方で、そこそこ見れるレベルの映画をお探しの方にはおすすめできます。
ただ、凄く面白いわけでもないので、期待はしない方が良いです。
ゾンビ映画の有名どこ御rはだいたい見て、ちょっと無名どころも責めてみようかな?という方にちょうど良いかと思います。

まぁオチは良くなかったけど、ゾンビ映画でオチが良い映画ってとても稀なので仕方ない。
最近REC系の映画流行ってるのかな?指摘にはバイオハザード系の純粋ウィルス起源の映画の方が好きなんですけど。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ