2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ルディ涙のウイニング・ラン あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

ルディ涙のウイニング・ラン あらすじ ネタバレ




ルディ涙のウイニング・ランのあらすじ(ネタバレ)です。

ノートルダム大学アメフトチームの大ファンの家に生まれたルディは、小さい頃からノートルダム大アメフト選手になることを夢見て育った。
しかし、小柄で運動神経もなく、成績も悪かったルディは大学には進学せず、父親の働く工場でお金をためながら大学入学の資金をためていた。

ある日同僚で親友のピート(クリストファー・リード)が工場の仕事中に事故で亡くなり、ルディは夢を実現させることを決意した。
憧れのノートルダム大に着いたルディは、カヴァナー神父(ロバート・プロスキー)の計らいでホーリークロス短期大学に体験入学することを認められた。
ホーリークロス短期大学で優秀な成績を収めれば、体験入学から正式入学に代わり、ノートルダム大学に編入することも可能だと言われ、ルディは死にもの狂いで勉強した。

たまたまノートルダム大の生徒・D・ボブ(ジョン・ファヴロー)と仲良くなり、女の子を紹介する代わりに勉強を教えてもらえることになった。
また、少しでもアメフトチームに近づきたい一心で、監督に会いに行ったり、アメフトスタジアムの管理の仕事を手伝うこととなった。

ルディは、勉強、学費のためのバイト、ナンパ(ボブとの交換条件のため)、スタジアムの仕事、アメフトの自主練習を4時間睡眠でこなすというハードな生活が続いたが、少しずつ成績を伸ばしていった。
しかし、名門ノートルダム大への編入の道は険しく、編入試験に落ちては落ち込み、また熱心に勉強して次の編入試験に臨む日々が続いた。
失敗してもあきらめず、がむしゃらに頑張る姿に、周りの人は励まし続け、ついに最後のチャンスの編入試験で合格通知を受け取ることができた。

ノートルダム大に入学したルディは、早速アメフトのトライアルを受けた。小柄で運動神経のないルディは見込みなしと思われていたが、巨体の選手に何度タックルで吹き飛ばされても、すぐ立ち上がってあきらめずに何度でも向かっていく情熱を買われ、狭き門だったトライアルに合格することができた。
ノートル大学アメフト部に入部できたルディだったが、空気を読まずにがむしゃらに頑張る姿が、一部の選手から反感を買い、やっかみに合うことも少なくなかった。
しかし、アメフトの事しか考えずに一生懸命に頑張る姿がだんだんと認められていった。

ルディは4年生となったが、正式な試合には一度も出場したことがなかった。
一度でいいからノートルダム大の試合に出て家族に雄姿を見せたいと、コーチに懇願し、試合で使ってもらうことを認めてもらった。
しかし、突然のコーチ交代で、試合出場の夢は極めて難しくなった。

ルディにとって最後のシーズンも終わりに近づき、卒業前の最後の試合の前日、アメフト選手らがコーチのもとに集まり、自分の代わりにルディを試合に出してほしいと願い出た。
コーチは理由は分からなかったが、仕方なくルディを選手リストに載せることとした。
しかし、ルディはベンチを温めるばかりで、なかなか試合に出ることはできなかった。

突然、ノートルダム大のベンチの選手から、ルディコールが巻き上がった。
ルディコールは観客席にも広がり、大きなコールとなった。
コーチはルディ、「行ってこい」と背中をたたき、試合に出場させた。

小柄なルディは初めての試合で舞い上がったが、数分間全力でプレーし、最後には相手チームのクオーターバックを倒してしまった。
そこで試合は終了し、ノートルダムはは勝利、選手はルディを肩車して盛大に祝った。
ルディは不可能だと思われた夢を実現させたのだった。




Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ