2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ミミック あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

ミミック あらすじ ネタバレ




ミミックのあらすじ(ネタバレ)です。

マンハッタンで謎の奇病ストリックラー病が蔓延し、数多くの子供の命を奪った。
昆虫博士のスーザン・タイラー博士(ミラ・ソルヴィノ)は、ストリックラー病の媒介となるゴキブリを根絶やしにするために、新種の昆虫「ユダの血統」を遺伝子操作で生み出し、地下道に放った。
ユダの血統は目覚ましい成果をだし、マンハッタンからゴキブリを一掃、ストリックラー病を鎮静化させることに成功した。
そして、役目を終えたユダの血統は、寿命が120日~180日ほどに制限され、繁殖能力もなかったため、人知れず姿を消したはずだった。

3年後、スーザンは、ニューヨークの地下道で昆虫を集めていた少年達から、奇妙な昆虫を買い取った。
昆虫を調べてみると、絶滅したと思い込んでいたユダの血統の幼虫だということが分かった。
スーザンは、夫のピーター・マン博士(ジェレミー・ノーサム)に相談し、ニューヨークの地下道を調査することにした。

ピーターは、すぐに調査の許可を得て、ジョシュ刑事(ジョシュ・ブローリン)、地下鉄警備員のレナード(チャールズ・S・ダットン)と一緒に地下鉄を調査しだした。
すぐに地下鉄で奇妙なものを見つけたが、突然足場が崩れてしまい、ピーターとレナードは地下の深い部分に落ちてしまった。
ジョッシュは人を呼ぶためにいったん地上に戻り、ピーターとレナードは2人で地下道の探索を進めた。

一方、スーザンは地下鉄の駅で人型大の昆虫「ユダの血統」に捕まり、地下鉄の奥の巣に捕まってしまった。
また、地上に出ようとしたジョッシュは、途中でユダの血統の兵隊に捕まり、殺されてしまった。
スーザンは、偶然地下道に孫を捜しに来た靴屋のマニー(ジャンカルロ・ジャンニーニ)に出会い、ピーター、レナードと合流したが、直後にユダの血統に見つかり、地下鉄の古い車両に逃げ込む。

古い車両の電源を復活させて地上に出ようと計画したが、ユダの血統に阻止され、レナードとマニーは殺されてしまった。
スーザンはマニーの孫のチューイ(アレクサンダー・グッドウィン)と一緒に地上をめざしたが、ユダの血統の唯一の雄に見つかり、襲われてしまう。
どうにかユダの血統の雄を誘導し、走っている地下鉄の車両と正面衝突させて殺すことに成功した。

一方、地下に残ったピーターはユダの血統の巣の中心を見つけ、ニューヨークの可燃性ガスのパイプ密集地で大爆発を起こし、ユダの血統を巣ごと爆殺し、下水道に飛び込んだ。
スーザン、チューイは地上に戻り保護され、ピーターも遅れて地上に戻った。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ