2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

蜩ノ記(ひぐらしのき) あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

蜩ノ記 あらすじ ネタバレ


蜩ノ記(ひぐらしのき)

蜩ノ記(ひぐらしのき)



蜩ノ記のあらすじ(ネタバレ)です。

檀野庄三郎(岡田准一)は、些細なことで友人の水上信吾(青木崇高)となり、殿中で斬り合いをしてしまう。
家老・中根兵右衛門(串田和美)の温情で切腹を免れたが、代わりに戸田秋谷(役所広司)という侍の監視をするよう命じられた。

戸田は、7年前に藩主の側室(寺島しのぶ)と不義を行った罪で切腹の裁きを受けたが、藩の家譜(かふ)を編纂(へんさん)中だったため、10年後、編纂が終わったのちに切腹するよう命じられていた。
切腹までの残りの3年、戸田が逃げないように監視をするのが檀野の使命だった。

檀野は早速戸田の家に泊まり、寝食を共にしながら編纂を手伝うこととなったが、誠実な戸田が側室と不義をするとは思えないと疑いだす。
檀野は側室に直接会って10年前の真相を聞くと、やはり戸田と側室の間には不義はなく、闇討ちを受けた側室を刺客から守り、さらに自殺しようとしていた側室を踏みとどまらせたのが戸田だと分かった。
側室は戸田を守るために亡き大殿から受け取った書状を檀野に渡した。
書状によると、もう一人の側室の出生に偽りがあり、それが明らかになる前に側室は殺されかけ、息子は殺されたことが分かった。

書状が公になると、最悪の場合藩は取り壊しになると恐れ、家老の中根は書状を差し出すよう命じたが、戸田は渡さなかった。
中根は、戸田と親しい百姓たちに刃を向け、戸田の息子の郁太郎(吉田晴登)と親しい百姓の子供・源吉(中野澪)を拷問して殺してしまった。
郁太郎は逆上し、檀野の助けを受けて中根の家に乗り込み、中根を責めて、刀の握り部分で一撃を喰らわせた。

檀野と郁太郎は牢獄に監禁された。
戸田は2人を助けるために中根の家に乗り込み、書状を渡したのちに切腹の約束をし、2人を解放した。
檀野が戸田家に来てから3年が経過し、ようやく家譜の編纂が終わった。
戸田は家族と簡単な挨拶を交わし、切腹のために城に向かった。


あらすじにすると分かりにくくて、しかもざっくりしていますが、映画はとても映像が綺麗で素晴らしいものでした。
是非多くの方に見ていただきたい名作です。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ