2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

パシフィック・リム 感想 レビュー 75点


Sponsored Link

パシフィック・リム 映画




(75%)

邦題 パシフィック・リム
原題 Pacific Rim
監督 ギレルモ・デル・トロ
脚本 トラヴィス・ビーチャム, ギレルモ・デル・トロ
原案 トラヴィス・ビーチャム
製作 ジョン・ジャッシニ, メアリー・ペアレント, トーマス・タル
製作総指揮 カラム・グリーン
出演者 チャーリー・ハナム, 菊地凛子, イドリス・エルバ, チャーリー・デイ, ロバート・カジンスキー, マックス・マルティーニ, ロン・パールマン, 芦田愛菜
音楽 ラミン・ジャヴァディ
撮影 ギレルモ・ナヴァロ
編集 ピーター・アムンドソン
製作会社 レジェンダリー・ピクチャーズ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開日 2013年7月12日(アメリカ), 2013年8月9日(日本)
上映時間 132分

パシフィック・リム 感想 レビュー


ロボットアニメ好きのツボをついた映画、パシフィック・リムを見ました。
すでにパシフィック・リムを見た私の友人の感想「日本のロボアニメ好きな監督が、願望を詰め込んでやりたい邦題やった映画だった」という言葉がしっくりきました。
本当やりたい放題ですねw1980年代、1990年代のロボット好き世代にはたまらない映画だと思いますw

しかも、私は英語音声+日本語字幕で見てしまったのですが、吹き替え版はガンダム、コンバトラーV、エヴァンゲリオンなど、ロボットアニメ主役クラスの声優陣が共演してるんですね!
吹き替えで見てたら90点いっていたかも?(笑)
次回は日本語吹き替えか、ギレルモ・デル・トロ監督のコメント付きで視聴したいですw

映画自体は突っ込みどころ満載ですが、オリジナリティあふれる数々の巨大ロボット、格好いい巨大怪獣、原子力爆弾や次元の穴、異星人の侵略など、聞いてるだけでワクワクする設定がびっしりつまっていてとても面白かったです。
巨大モンスターを映画内で「Kaiju(怪獣)」と呼んでいることからも分かるように、デル・トロ監督は日本の怪獣映画やロボット漫画・アニメが大好きなんだな~と感じます。
監督が本気で作りたくて愛情を注いで作った映画って、やっぱり伝わるんですね。そういった面でも、見ていてうれしくなる映画でした。

ギレルモ・デル・トロ監督と言えば、SFホラー映画のミミックやヘルボーイ、パンズ・ラビリンスなどが有名ですね。
最近では「ガーディアンズ 伝説の勇者たち」やホビットシリーズの脚本も務めています。
『ザ・ストレイン』や『暗黒のメルトダウン』などの本も出されていて、多彩な方ですね。

森マコ役の菊地凛子さんは、ハリウッドでも評価の高い日本人女優の一人ですね。
ちなみに、旦那さんは染谷将太さんなんですね!驚いた!
染谷さんが今23歳なので、12歳年上の奥様ということに!
ちなみに、ヤングジャンプの人気漫画・テラフォーマーズの実写映画にも出演されるそうです。

森マコの幼少期を演じた芦田愛菜ちゃん、やっぱり演技うまいですねw
映画には少ししか出ませんでしたが、あの歳でこの演技力は圧巻です。
可愛い子なので、女優としての活躍も期待したいところですが、子役時代に売れすぎると大人になって成功しにくいというジンクスがあるらしいので。。。(家なき子の安達祐実さんなど)

格好良い司令官のスタッカー指令を演じたイドリス・エルバさん、28週後…やマイティ・ソー、プロメテウスにも出演されているんですね。
この方は凄く努力家で、14歳から結婚式場の音楽のアルバイトで家計を助け、16歳で演劇コンクールで優勝したにもかかわらず、家計が苦しくて学校をやめ、ナイトクラブのDJをして稼いでいたようです。
その後、工場で働きながら演劇を学び、23歳で俳優デビュー。とても苦労されている方なんですね。

例の如くだいぶ映画の話から離れましたが、パシフィック・リムは面白かったです。
特に1980年代、1990年代のロボットアニメや漫画、怪獣映画が好きな方におすすめです。
続編も製作中のようですので、楽しみですね。




Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ