2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ランダム 存在の確率 感想 レビュー 70点


Sponsored Link

ランダム 存在の確率 映画




(70%)

邦題:ランダム 存在の確率
原題:Coherence
監督:ジェームズ・ウォード・バーキット
製作:レーヌ・バウセガー
製作総指揮:アリッサ・バーキット, ジェームズ・ウォード・バーキット
原案:ジェームズ・ウォード・バーキット, アレックス・マヌジャン
出演: エミリー・バルドーニ, モーリー・スターリング, ニコラス・ブレンドン, エリザベス・グレイセン, ローレン・マハー
脚本:ジェームズ・ウォード・バーキット
撮影:ニック・サドラー, アーリーン・ミュラー
編集:ランス・ペレイラ
音楽:クリスティン・オーン・ディルド
上映時間:88分
公開日:2015年1月24日(日本)

ランダム 存在の確率 感想 レビュー


ランダム 存在の確率を見ました。
低予算ながら面白いと聞いていたのですが、まさに噂通りでした。
舞台はほとんど家の中と庭、道路くらいだし、大掛かりな仕掛けもほとんどなかったので、かなりの低予算で作成された映画だと思います。
でも、低予算ながら、設定の面白さや演出のうまさ、俳優/女優さんたちの演技のうまさで、面白い映画になっていますね。
ちなみに、製作費は日本円で1000万程度、撮影日数はたった5日間だそうです。おみそれしました。

原題のCoherenceは、干渉性や首尾一貫性という意味だそうです。邦題はかなり変えたんですねw
良い邦題かはわかりませんが、原題よりもわかりやすくはなってると思います。

ランダム 存在の確率は、シュレディンガーの猫をテーマにしたパラレルワールド系映画でした。
話がちょっと複雑なので、頭空っぽにして映画を楽しみたいって人には向かないかもしれませんが、SFや物理に詳しい人なら結構楽しめる映画だと思います。
まぁ、すっきりする終わり方ではないですけど、この手の映画ですっきり終わる映画なんてほとんどないので、それは仕方ないですね。

俳優さん/女優さん達は、名前も顔もあまり知らない方ばかりなのに、演技がとても自然で素晴らしく上手かったので不思議に思っていました。
ちょっと調べてみたら、海外ドラマで活躍されている方が多いんですね。

主演のエミリー・バルドーニさんは、CSI、NCSI、BONES、など海外の人気テレビドラマの出演歴が長いようです。
他の俳優/女優さんたちも海外ドラマの出演経験が豊富なようで、アメリカではテレビでおなじみの方ばかりなんですかね?
もしかして、ランダム 存在の確率もテレビドラマなのかもしれません。それなら低予算なのも納得がいきますね。

低予算でも構成がしっかりしていて面白い映画はちゃんとあるんですよね。
ド派手なアクションで超高額予算をかけてるのに中身がすっかすかでつまらない映画も多い一方で、こういう映画と出会えると嬉しいですね。

ランダム 存在の確率は、SFや物理に詳しくないとちょっと内容は分かりにくいかもしれませんが、それでも雰囲気で楽しめる映画だと思います。
お子さんがある程度大きければファミリーで見ても良いと思います。




Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ