2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

海月姫 あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

海月姫 あらすじ ネタバレ




海月姫のあらすじ(ネタバレ)です。


腐女子ばかりが住む男子禁制のアパート「天水館(あまみずかん)」には、様々な腐女子が住んでいた。
海月(くらげ)が大好きな月海(つきみ)(能年玲奈)は、ある日たまたま知り合った超美人に助けてもらい、一日だけ天水館の自分の部屋に泊めてあげたところ、朝起きると美人だと思っていたのは女装した鯉淵蔵之介(菅田将暉)だった。

間違えて男性を天水館に泊めてしまった月海は、倉之助が男性であることを隠し、女性として他の住人に紹介した。
早く倉之助に天水館から出ていってほしいと願う月海だったが、倉之助は天水館が気に入ってしまい、頻繁に出入りすることになった。

月海がクラゲの水族館に行きたいというので、倉之助が月海を自宅のメイクルームでメイクアップしたところ、倉之助の兄の鯉淵修(長谷川博己)が月海を見て一目ぼれしてしまった。

一方、天水館がある地域一帯の再開発計画が進められていて、計画が実行されると、天水館は取り壊されてしまうことが分かった。
天水館の住人は力を合わせて再開発計画を阻止するために、大金を稼いで天水館を買い取ることに決めた。

フリーマーケットに出展して各自の宝物を売ろうとしたが、なかなか売れず、むしろ手作りで作った月海の簡単なクラゲ人形がたくさん売れたことから、クラゲのドレスを作って天水館でファッションショーをすることを思いついた。
天水館の住人全員でドレスを作り、ファッションショーを実施し、大人気のうちに幕を下ろすことができ、なんとか再開発計画を阻止することができた。

あらすじにまとめると、なんとも破天荒な話ですねw




Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ