2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

プリデスティネーション 感想 レビュー 80点


Sponsored Link

プリデスティネーション 映画




(80%)

邦題 プリデスティネーション
原題 Predestination
監督 マイケル・スピエリッグ, ピーター・スピエリッグ
脚本 マイケル・スピエリッグ, ピーター・スピエリッグ
原作 ロバート・A・ハインライン, 『輪廻の蛇(英語版)』
製作 パディ・マクドナルド, ティム・マクガハン, マイケル・スピエリッグ
製作総指揮 ゲイリー・ハミルトン
出演者 イーサン・ホーク, サラ・スヌーク, ノア・テイラー
音楽 ピーター・スピエリッグ
撮影 ベン・ノット
編集 マット・ヴィラ
公開日 2014年3月8日(アメリカ), 2014年8月28日(オーストラリア), 2015年2月28日(日本)
上映時間 97分


プリデスティネーション 感想 レビュー


プリデスティネーションを見ました。
面白かったし、良くできた映画ですね。
最近流行っている「脚本はお粗末だけど映像は凄い」映画の逆で、「派手さはないけど脚本がすばらしく良くできている」映画だと思います。

原作はロバート・A・ハインライン氏の短編小説『輪廻の蛇』のようで、30ページにも満たないようです。
たった30ページでこれだけ濃い話が書けるなんて凄いですね!
しかも、短編集の中のたった1作品をよく映画化しようと思いましたね。
でも、内容は映画無期なので、気持ちは分かります。

全体的には使い古されたタイムパラドックスの話なんですけど、俳優さんの演技力と雰囲気づくりが良くできているので引き込まれました。
また、タイムパラドックスの妙をうまくついているのに、タイムパラドックスの設定に頼り切ってるわけではないのが、良い映画になった理由の一つかと思います。

脚本の良くできた映画だと、最近ではゴーンガールもありましたね。あれも面白かった。
古い作品だとファイトクラブも良かったです。
タイムトラベル系は良作が多いですが、バタフライエフェクトを超える作品にはあったことがないですね。あれは本当に良くできていた。
上記3映画とも名作ですので、まだ見ていないようでしたら是非鑑賞してみてください。
おすすめ!というよりは、みないともったいないレベルの名作です。

主演女優のサラ・スヌークさん、演技も良かったですし、不思議な魅力がありますね。
映画経験はあまりないのに、早くも「2015年に注目すべきオーストラリアの顔」のひとりに選ばれたようです。
また、本作プリデスティネーションで、第4回オーストラリア映画テレビ芸術アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞されたようです。
難しい演技や奇抜な演技もこなせる方なので、今後注目の女優さんかもしれませんね。

プリデスティネーションは、考えながら見る人にはとても面白いと思いますが、映画見るときには頭を使いたくないって方には意味不明な映画になるかもしれません。
なので、タイムトラベル系が好きな男性の方、派手さよりも脚本の面白さや最後のどんでん返しが見たい方におすすめです。




Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ