2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

ショーシャンクの空に


Sponsored Link

DVDはこちら
Blue-rayはこちらこちら
他の方のレビューはこちら
原作はこちらこちら
その他関連商品
公開10周年メモリアル・ボックス (初回限定生産) [DVD]
映画で覚える英会話アルク・シネマ・シナリオシリーズ

「ショーシャンクの空に」は名作中の名作だと思います。映画好きでしたら、是非一度は見ていただきたいです。

ストーリーは、無実の罪で刑務所送りになった銀行員の話です。看守や囚人から不当な暴力を受けながらも、希望を捨てずに生き抜いていく姿も感動しますし、最後はすっきりとしたおわり方をしてくれます。
序盤はたんたんと進んでいくのですが、随所に感動する部分や胸が熱くなる部分が組み込まれていますし、人間くささもふんだんに入っていて面白いです。
先日も後輩にDVDを貸したのですが、「見終わったあと、しばらく動けなかったです。名作ってこういう映画のことを言うんですね」と言っていました。

驚きなのが、これだけの名作にも関わらず、公開当時は全く売れなかったようです。同時期に「フォレストガンプ」、「パルプフィクション」、「スピード」といった話題性のある映画が多かったことが理由のようですが、それにしてもこれだけの名作が埋もれるなんてもったいないと思います。
でも、批評家からの評価は高かったため、ビデオ販売やレンタルを通して、どんどん知名度を上げて、今ではアメリカ映画ベスト100にランクインするほどの評価と知名度になりました。

ちなみに、
原作者はホラー界の巨匠スティーヴン・キング
監督は「グリーンマイル」、「マジェスティック」、「ミスト」のフランク・ダラボン
主演は「未来は今」のティム・ロビンスです。

ダラボンさんは、脚本、制作で関わった作品の方が有名かもしれません。
「エルム街の悪夢3」、「ザ・フライ2 二世誕生」、「プライベート・ライアン」、「ウォーキング・デッド」などの脚本、制作に関わっています。

最後に、ちょっとしたトリビア情報を載せます。
・原作では主人公のアンディは小柄だったようです。小柄だから、最後の名場面も成り立つんですね。ティム・ロビンスは身長195cmって大きすぎですね。
・トミー役は、当初ブラッド・ピットにオファーする予定だったようです。スケジュールが合わなくて実現しませんでしたが、「12モンキーズ」のブラピの演技を考えると、ブラピ版のトミーも見てみたかったです。残念(ギル・ベローズも良い演技してましたが)。
・映画の最後に、『IN MEMORY OF ALLEN GREENE(アレン・グリーンを偲んで)』と出ます。誰のことが疑問に思った方も多いと思いますが、彼はフランク・ダラボン監督の旧友でエージェントでもありましたが、映画完成直前に亡くなってしまったようです。
・主人公のアンディの奥さんと愛人を射殺した犯人は、「スタンドバイミー」のクリスを刺殺した犯人と同一人物のようです。細かいけど、マニア受けする設定ですね。さすがスティーブ・キング
・当初、映画のタイトルは、原作に合わせて「リタ・ヘイワースとショーシャンクの贖い」になる予定だったようですが、リタ・ヘイワースのドキュメンタリー映画と勘違いされたため、「ショーシャンクの贖い」に変更したようです。ちなみに、リタ・ヘイワースは、アンディの部屋に飾られたポスターの美人モデルです。

以上です。
少しでも「ショーシャンクの空に」の良さが伝わりましたら幸いです。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ