2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

バンクーバーの朝日 感想 レビュー 65点


Sponsored Link

バンクーバーの朝日 映画




(65%)

バンクーバーの朝日
監督 石井裕也
脚本 奥寺佐渡子
製作 石原隆、市川南
出演者 妻夫木聡, 亀梨和也, 勝地涼, 上地雄輔, 池松壮亮, 佐藤浩市, 高畑充希, 宮崎あおい, 貫地谷しほり
撮影 近藤龍人
製作会社 フジテレビ
配給 日本の旗 東宝
公開 日本の旗 2014年12月20日
上映時間 133分

バンクーバーの朝日 感想 レビュー


妻夫木聡さん主演のバンクーバーの朝日を鑑賞しました。
バンクーバーの朝日は、戦前に日本からカナダに移住した人々がバンクーバーで結成した野球チーム「朝日」について描いた映画で、実話をもとにしています。

体が大きくて強いカナダ人たちに、小柄な日本人が頭を使った戦術で連戦連勝していく様は気持ちが良かったです。
また、野球だけではなく、バンクーバーでの日本人の生活の厳しさや、地元の人たちにとって「朝日」がどれだけ期待されていたか?
真珠湾攻撃がバンクーバーの人たちに与えた影響など、影の部分も描かれた作品になっています。

ちょっとシリアスなシーンも多いですが、家族で一緒に楽しみながら見られる面白い映画だと思います。
欲を言うと、もうちょい野球の試合内容や、連戦連勝の理由、地元の日本人の生活内容、カナダ人側の視点なども深堀してほしかったかな~と。
朝日のチームメイトの人間模様は面白かったですが、ちょっとあっさりしすぎていたかな~と。もっと深堀したらもっと面白くなったのに、惜しいな~感じたので、点数は65点にしておきました。

でも、1941年の真珠湾から1945年の終戦まで、日本人がカナダで強制収容所に入れられていたなんて、ちょっと衝撃でした。
他の国にも日本人は移住していたと思いますし、第二次世界大戦の影響は外国に住んでいた日本人にとっても、悪夢のようなものだったと思いますが、今までそこに焦点を当てていたことは無かったので。

「戦前にバンクーバーに移住した日本人」を描いた映画や資料自体が少ないと思いますので、そういった面でこの映画の意義は大きいかもしれませんね。

また、日本人がバントばっかりしてカナダ人に連戦連勝しているのに、それを受け入れて人気投票1位になったというのが、カナダ人の懐の深さを現してるのかなと感じました。
私は一度だけバンクーバーに行ったことがありますが、優しい人が多かったですし、親日家で良い国でした!また行きたい!
もっとカナダ人の良さも映画に出してほしかったな~(個人的な想いですが)

ということで、だいぶ脱線しましたが、バンクーバーの朝日は、面白くておすすめできる映画です。
年齢問わず、男女問わず、多くの方が楽しめる映画だと思います。




Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ