2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

アメリカンスナイパー あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

アメリカンスナイパー あらすじ ネタバレ




アメリカンスナイパーのあらすじ(ネタバレ)です。

戦争映画はストーリーよりも心境や緊迫感が売りなので、あらすじを書くのが難しいのですが。。。(^^;)
ざっとあらすじを書かせていただきます。

テキサスに住む少年・クリスカイルは、優しくも厳しい父の元で、ハンティングの仕方と仲間を守ることの大切さを教えられながら育った。
大人になり、弟と一緒にカウボーイのロデオに明け暮れていたクリス(ブラッドリー・クーパー)は、1998年にアメリカ大使館爆破事件に衝撃を受け、愛国心から米軍に従軍することを決意する。
30歳という年齢ながら、不屈の精神で厳しい訓練に耐え抜き、米軍特殊部隊ネイビー・シールズに入隊することになった。

ある日、とあるバーで運命の女性タヤ(シエナ・ミラー)と出会ったクリスは、すぐに恋に落ち、厳しい訓練に耐えながらもタヤとの愛を育む幸せな時間が続いた。
しかし、911事件でイラクとの戦争が激化し、タヤと結婚した直後にイラクの激戦地ナシリヤに派遣されることになる。
初めての射撃は、手榴弾(爆弾)を持って戦車に立ちはだかった母子。
射撃は成功し、仲間の命は救われたが、クリスには胸にしこりが残る。

その後も数々の射撃を成功させ、伝説と呼ばれるようになったクリスだったが、帰国後は家族との生活がうまくいかず、タヤからは「体は帰ってきたけど、心は帰ってきていない。」との言葉を投げかけられる。

しかし、自分がいなければ米軍の仲間が次々に殺されてしまう。
さらに、イラクの天才スナイパー ムスタファは、元オリンピック金メダリストでもあり、1000メートルも離れた場所から敵を射撃できるほどの腕前を持つスナイパーで、対抗できるのはクリスだけだった。

4度目のイラク派遣、クリスは、悪魔とまでおそれられたムスタファを殺す指令を受け、殺された仲間のビグルスの敵を討つ絶好の機会を得た。
ムスタファが潜んでいる地域で見張っていたクリス達だったが、突然仲間がムスタファによって狙撃されだした。
クリスはやっとムスタファを発見したが、距離はなんと1920メートル。狙撃の常識をはるかに超えた距離のため、別働部隊を要請する。

しかし、別働部隊が来るまでには20分かかり、そうしている間にもムスタファによって仲間が次々と殺されようとしていた。
クリスは、意を決して照準をムスタファに合わせ、引き金を引いた。
銃弾は見事にムスタファの頭部を貫き、一発で息の根を止めることに成功した。

しかし、射撃の音によって、潜伏場所が的に見つかり、大量の敵の襲撃を受けてしまう。
死ぬ覚悟を決め、自分たちがいる周辺を敵ごと爆破するように味方に伝えたクリスたちだったが、突然発生した砂嵐のおかげでどうにか命拾いした。

ビグルズの仇も撃ち、海軍を除隊したクリスは、徐々に普通の生活にも慣れていき、自分と同じようにPTSDや後遺症に苦しむ退役軍人を助けることで自分を取り戻したクリスだった。

その日も、いつもの通り家族と凄し、PTSDに苦しむ退役軍人の若者と射撃場に向かったクリスだったが、クリスが家に戻ることは無かった。

この部分は、ひとつ前の日記のアメリカンスナイパーの感想のところで軽く触れましたので、良かったら読んでみてください。



Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ