2018年も2週間無料お試し!3分の会員登録で新作映画、人気の海外ドラマ、アニメなど全て見放題!クロームキャスト対応

バイオハザードV リトリビューション あらすじ ネタバレ


Sponsored Link

バイオハザードV リトリビューション あらすじ ネタバレ




バイオハザードV リトリビューションのあらすじ(ネタバレ)です。

前作「バイオハザードIV アフターライフ」で、アンブレラ社の船に捕まっていた人たちが解放され、船上で喜び合っていたところからの続きです。

アンブレラ社から解放され、船上で喜び合っていたアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)達だったが、洗脳された元仲間のジルを中心としたアンブレラ社の特殊飛行部隊に襲われ、船は壊滅してしまう。
アリスが目を覚ますと、アンブレラ社の収容施設に捕まっていて、アリスに対する拷問と尋問が開始された。

何度目かの拷問が終わったとき、突然アンブレラ社のシステムが停止し、アリスは透かさず脱出に成功した。
外に出てみると、そこは東京の都心で、人々が交差点を行きかっていた。

行きかう雑踏の中から突然ゾンビが発生し、人々を襲いながら増殖、すぐに群れになってアリスに襲い掛かってきた。
アリスは逃げながらも停車していたパトカーから銃を奪い、なんなくゾンビの群れを撃退することに成功した。
しかしさらに多くのゾンビの群れが襲い掛かってきたとき、目の前の鉄の防護ドアが突然開き、アリスを招き入れた。

分厚い防護ドアを抜けると、そこにはエイダ・ウォン(リー・ビンビン)がいて、ウェスカー(ショーン・ロバーツ)がアンブレラ社からアリスを取り戻すためにエイダを派遣し、システムを停止させたこと、救出チームが向かっていることを伝えられた。
また、アリスがいる場所はロシアの分厚い氷の下に作られたアンブレラの巨大実験施設「獣の腹」で、アンブレラ社が創造したクリーチャーを他国へ売り込むために精巧に作られた仮想都市だった。
仮想東京の他にも、ニューヨーク、モスクワ、中国など多数の仮想都市が存在していた。

アリスとエイダは逃亡を開始するが、実験施設を支配する人工知能は、多数のバイオクリーチャーとジル率いる特殊部隊を使って逃亡を阻止しようと襲ってきた。
途中、クローンアリスの娘だと刷り込まれた少女ベッキー(アリアーナ・エンジニア)を救い出す。
強力なクリーチャー達と戦いながらも、どうにか救出部隊のレオン・S・ケネディ(ヨハン・アーブ)、バリー・バートン(ケヴィン・デュランド)、ルーサー・ウエスト(ボリス・コジョー)(バイオハザード4の生存者)と合流する。

クリーチャー達を倒しながらもどうにか地上行きエレベーターの前まで来たアリスたちだったが、追ってきた巨大リッカーにベッキーを奪われ、さらにジル率いる特殊部隊に充下kいされてしまう。
アリスはベッキーを救うために単独でリッカーと戦い、ベッキーを救い出すことに成功する。
また、レオンたちは圧倒的不利な状態に追い込まれながらも、時限爆弾の爆発に乗じて特殊部隊を撒き、地上に出ることに成功した。

車で救出ヘリとの合流地点に向かうアリスたちだったが、爆発から生き残ったジルたちの潜水艦に襲われ、車は横転してしまう。
アリスはジルと、レオンとルーサーはプラーガを打ってパワーアップした特殊工作員のレインとそれぞれ氷の上で戦うことになった。
アリスは苦戦しつつも、ジルを操っていた胸の制御装置を破壊することに成功し、ジルを正気に戻すことに成功した。
また、プラーガの影響で銃が効かないレインは、氷の下に突き落として海中のゾンビの餌食にした。

ようやく現れた救出ヘリに救われ、ホワイトハウスのウェスカーの前にたどり着くと、アリスは突然ウェスカーに注射をさされ、再びTウィルスに感染して元の超人的能力を取り戻した。
アリスはウェスカーと手を組み、ゾンビたちとの最終戦争を迎えようとしていた。


というところで映画が終わりです。
ゲーム版バイオハザード、特に4のオマージュ要素が多くて、ゲームファンにはたまらなく面白い映画になっていると思います。





Sponsored Link
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ